ホーム>スペシャルコンテンツ

  ストロボを使ってみよう
 

外部ストロボの必要性
現在市販されているデジタル一眼レフのISO感度設定は基本的に100か200で設定されています。ISO感度100のカメラの場合、内蔵ストロボ光の到達距離は約3〜4mが限度です。「結婚式」や「七五三」等の大切な記念日を撮影する場合、内蔵ストロボで撮影すると状況によっては光量不足になるケースが多々あります。

バウンス
ストロボ発光部を左右上(下)に向きを変え、天井や壁などにストロボ光を反射させて、自然な間接光を被写体に照射します。
 

ディフューザー
ディフューザーを使って、ストロボの発光面積を大きくし、光を拡散させることによって、より自然な影を描写するためのストロボ用アクセサリーです。